CMYKとRGBの違い=印刷物とWEBの違い

WEB用の画像の作成や印刷データ作成の際に『CMYK』『RGB』という言葉を耳にすることがあると思います。

CMYKとRGBの違いって何?そもそも何の事?というあなたの為に違いや注意点等を解説させて頂きます。

まず大きく分類してしまうと、印刷物はCMYK、WEBではRGBを使います。

CMYKとは

CMYKは、

色の三原色「Cyan(シアン)・Mazenta(マゼンタ)・Yellow(イエロー)」を原理にして色を表現しています。

これらは混ぜれば混ぜるほど色が暗くなり、黒色に近づいていきます。(はっきりとした黒にはなりません)これらは、『減法混色』と言われています。

プリンター等で印刷する際に黒を美しく表現する為に、シアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)にブラック(K)のインキを加えた4色(CMYK)でフルカラーを表現しています。

RGBとは

RGBカラーは、光の三原色「RED(赤)・GREEN(緑)・BLUE(青)」のことです。
テレビやPCのモニターは、このRGBカラーで色が表現されています。

三つの原色を混ぜて様々な色を表現します。

混ぜれば混ぜるほど白に近づいていくという原理で色を表現しており、『加法混色』と言われています。

モニターで見た色と印刷物の色が違う?

CMYKはRGBよりも表現出来る色数が少なく、RGBでは再現できてもCMYKでは再現できない色があります。

RGBで作成したデータをそのまま印刷すると、再現できない色はCMYKでの近似色に置き換えられてしまう為、モニターで確認した色よりも暗い色になってしまいます。

RGBカラーで作成し、最終的にCMYKに変換することもできますが、それも再現できる色数が違う色の形式を色数の少ないCMYKに変換する事になるのでモニターで確認できる色に比べて印刷物は暗い色に仕上がってしまいます。

ですので印刷用データはCMYKで作成しなければなりません。

Photo:Andrew / CMYK

アトラクティブガイア株式会社提供サービス

現在、WEBサイトやデザインなどでお困りの事はございませんか? 反応がない、問い合わせが来ない等、 私達に解決できることかもしれません。 お困り事がございましたらまずは一度、アトラクティブガイアへご相談ください。

提供サービス一覧につきましては下記を御覧ください。
アトラクティブガイア株式会社提供サービス一覧

WEBサイト買い取り案内

現在アトラクティブガイア株式会社では、
・ECサイト
・アフィリエイトサイト
・ポータルサイト
などのお買い取りをさせて頂いております。
詳しくはコチラの、サイト買い取り案内詳細ページをご覧ください。

アトラクティブガイア株式会社提供サービス 対応可能地域

東京都

港区 / 渋谷区 / 新宿区 / 豊島区 / 西東京市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 小平市 / 武蔵野市 / 三鷹市 / 小金井市 / 立川市 / 東村山市 / 調布市

埼玉県

志木市 / 新座市 / 熊谷市 / 深谷市 / 本庄市

群馬県

伊勢崎市 / 前橋市 / 高崎市 / 太田市 / 桐生市 / みどり市 / 館林市

※対応していない県や地域の場合は一度お問い合わせください。